お肌に良いもの沢山食べてニキビとおさらば!

ニキビ → ニキビ予防に効果的な食べ物

ニキビ予防に効果的な食べ物

ニキビができると憂鬱になりますよね。鏡を見るのも嫌になります。といって、ニキビ跡化粧水のケアでできることにも限界があります。その一方で、食生活を改善をすることでニキビが治りやすくなるとよくと聞きます。ここではニキビ予防に効果的な食べ物について説明を致します。

ビタミンAが足らなくなると角質が厚くなって皮脂が詰まりやすいです。 ビタミンB2とB6が足らなくなれば、皮脂分泌が異常になります。 そして皮脂を弱酸性にしておく力が弱くなります。 そのためにアクネ菌に対する抵抗力が弱まってしまってニキビが できやすい状態になってしまいます。

ビタミンB2とB6の機能をサポートするビタミンB1と一緒に摂取して 欲しいです。ビタミンCはメラニンの増加を予防してくれます。 それと同時に壊されてしまったコラーゲンを修復してくれます。 これはニキビ跡の予防や改善に繋がります。 ビタミンEは活性酵素を除去して皮脂が酸化することを予防してくれます。

ニキビが発生する場合は、一日に最低でも1000mlの水は飲んで下さい。 スポーツをする場合はさらに1000mlは必要です。 運動開始前・運動中・運動後と水分補給をしてください。

これは血液の流れを良くして新陳代謝を促進するためです。 そしてお酒も控えていただくほうが良いでしょう。 アルコールはニキビの炎症を悪化させてしまいます。 食事は一日に三食をキチンと摂取しましょう。 それぞれバラバラの食材を選んで、沢山の栄養を補給しましょう。

朝食は食物繊維を多く食べましょう。和食ならば玄米がお薦めです。 洋食ならば全麦パンやシリアルが良いです。 それに合わせて果物・オレンジジュース・野菜・豆類を合わせましょう。

昼食は極力油が多い食事は避けてください。脂肪は人間に必要な 栄養素です。一日の総カロリー料の2割から3割程度が理想です。 ファストフードや定食・丼物にも注意をしてください。

夕食は色々な種類をバランス良く食べることが基本です。 決まった食品を取るとニキビが増えるのが分かっているならばそれは 控えましょう。 たとえば甘い物は糖分や油分の代謝にたくさんのビタミンB群が消費 されてしまいます。

間接的にビタミンBが不足してしまいますから、ニキビの原因になります。 そして甘い物はナッツ類と同じように皮脂の分泌量を増やしてしまいます。 香辛料の刺激物も交感神経を刺激します。 肌荒れの原因にもなるので控え目にしてください。

以上、ニキビ予防に効果的な食べ物について説明を致しました。 何気なしに食事を摂っていては、ニキビ改善にはつながりません。 意識をしながら食べる物を選びましょう。

ホルモンバランスとニキビについて

大人ニキビに悩んでいるのであれば、ホルモンバランスというものについて考えてみましょう 女性にも男性ホルモンがあるというのはご存知の方も多いはず。 実は大人ニキビにはホルモンバランスが大きく関係しているのです。

女性ホルモンであるエストロゲンが減り、男性ホルモンが増えてしまった場合にニキビができやすくなります。

つまり、大人ニキビを予防するためには常にホルモンバランスを調えておくことが大切だということですね。しかし、ホルモンバランスは様々な理由で簡単に乱れてしまいます。

女性の場合、生理周期や更年期障害といったものによってホルモンバランスが乱れやすいので、生理前の時期は特に注意が必要です。

毎月生理のたびにニキビができてしまうという人もいますが、生理の1週間くらい前の時期というのはホルモンバランスが大きく変わり、ニキビができやすい時期でもあります。

この時期は普段よりもたくさん皮脂が分泌されるので、肌のテカリがきになってしまうかもしれません。だからといって必要以上に皮脂を落としてしまうと更に皮脂の分泌量が増えてしまいます。洗顔をしすぎるのは逆効果になるので気を付けましょう。

更年期になるとニキビができやすくなる原因についてですが、これは体内の女性ホルモンが減るということが大きな理由です。女性ホルモンが減って男性ホルモンが増えると皮脂量が増えてしまい、ニキビができやすくなってしまいます。

大人ニキビができるのは女性だけではありません。男性にもニキビができてしまうことがありますが、女性と比べるとホルモンバランスの乱れが原因となっている可能性は低いです。

男性の場合はホルモンバランスの乱れではなくストレスが原因でニキビができてしまうケースが多いと言えるでしょう。

ホルモンバランスやストレスは目に見えないものでもあるため、なかなか対策を取ることが難しいです。そのため、普段から生活習慣を整えたり、ストレスを溜めこまない生活を送ることを心がけるといいですね。

隠れたニキビを治すには

ニキビというと赤くて目立つ状態を想像する人が多いと思いますが、他にもいくつかの種類があります。赤いニキビができる前に、白や黒のぽつぽつしたものができてしまったことはないでしょうか。

これは白ニキビや黒ニキビとも呼ばれ、放置しておくとニキビになってしまう可能性があるものです。

つまり、白ニキビ・黒ニキビの状態で治すことができれば、赤くて目立つニキビになってしまう可能性は低いということ。白ニキビ・黒ニキビは隠れニキビとも呼ばれるのですが、この状態のうちに治すことができるように努力しましょう。

なぜ隠れニキビができてしまうのかというと、これにはいくつかの原因が挙げられます。 まず、ストレスによるもの。職場や家庭などでストレスを溜めこんでしまうと、これが原因でホルモンバランスが乱れ、肌の新陳代謝機能が正常に働かなくなってしまうことがあります。

また、生活習慣が乱れて睡眠不足が続いてしまうことも肌にとっては良くありません。 隠れニキビができやすいと感じているのであれば、肌が乾燥していないかチェックしてみましょう。というのも、肌が乾燥していると隠れニキビができやすくなってしまうからです。

潤いがある肌に比べると乾燥した肌は硬くなっていますよね。すると角質も硬くなり、毛穴に詰まってしまうことが多くなります。毛穴に詰まった角質はニキビの原因菌であるアクネ菌の餌となるので、まずは肌を乾燥させないような対策を取りましょう。

スキンケアの際に保水と保湿を念入りに行っていたとしても、日中エアコンの風を浴びる場所で過ごすことが多いようであれば日中も保水をしたほうがいいです。

それ以外の対策としておすすめしたいのが、ビタミンCを取り入れるということ。 ビタミンCといえば美肌を作るために欠かせない美容成分として知られていますが、ビタミンCには肌の炎症を抑える効果もあるのです。

赤くて目立つニキビは炎症を起こした状態なので、悪化する前にビタミンCを含む化粧水や美容液を使って炎症をしずめましょう。